teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:115/255 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

野球部快進撃!

 投稿者:g-san  投稿日:2009年 5月 3日(日)16時57分4秒
  通報
  越ケ谷、34年ぶり8強 春季高校野球県大会



八潮南-越ケ谷 34年ぶりに8強進出を決めて喜ぶ越ケ谷の選手たち
 (29日・県営大宮ほか)
 第4日は3回戦計4試合が行われ、越ケ谷が八潮南に3-2で競り勝って34年ぶりの8強入りを決めた。
 初戦で昨秋の関東高校大会ベスト8の川口青陵を破った越ケ谷は、一回二死二、三塁から後上が右中間にタイムリー三塁打。続いてエース谷内の適時打で3点を先制。三回に2点を許したが、そのまま逃げ切った。
 埼玉栄は一回に2点を先制、九回には伊藤の3点適時打などで4点を追加し、所沢商に6-1で快勝した。浦和学院は3-3の延長十回、一死一、二塁で、石川と室町の連続長打などで4点を入れ、上尾を7-3で退けた。花咲徳栄は、終盤でしぶとく追いすがる越谷東を9-6で下し、準々決勝に進出した。
 第5日は30日、県営大宮球場と上尾市民球場で3回戦の残り4試合が行われ、8強が出そろう。
挑戦者魂で旋風続く
 結果より、自分たちの野球ができるかがテーマだった。第2シードの川口青陵を破って波に乗る越ケ谷が、34年ぶり2度目の8強進出。沢田監督はそんな殊勲よりも、「相手に臆(おく)することなく、最後まで野球を楽しむことができた」と試合内容にほおを緩ませた。
 先発・石井和の制球が甘いとみるや、立ち上がりから畳み掛けた。一回に3本の長短打を集めて3点先制。エース谷内は三回までに8安打2失点も、粘り強い投球で四回以降は無安打に抑えた。少ない好機で着実に加点し、立ち直ったエースできっちり逃げ切る、理想的な試合だった。
 ここまでの4試合中、3試合が1点差。楽な試合は1試合もない。それだけに、「失うものは何もないチームだから、プレッシャーを感じて試合をするな。自分たちのできることをやるだけだ」(沢田監督)という意識が徹底されている。
 シード権獲得も関係ない。主将の小林も「夏の初戦突破が目標」と初心を忘れない。挑戦者魂がある限り、越ケ谷旋風は今後も続きそうだ

http://blog.goo.ne.jp/4625koshiko/

 
 
》記事一覧表示

新着順:115/255 《前のページ | 次のページ》
/255