teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:94/124 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

祇園の本家は?

 投稿者:ファイト  投稿日:2006年 9月 4日(月)21時36分29秒
  通報 返信・引用
   今度京都を散策します。八坂神社にも寄りますが、当社は明治までは祇園社と称していたとか。その祇園の発祥は、新市町の祇園社と聞いたことがあります。疱瘡神社が摂社であるのも疫病に益がある茅の輪と関連がありそうです。また一説には、甲奴の小童の祇園社は、平安時代に小童の荘園領主だった藤原氏が京都に勧請したともいいます。いずれにしても、祇園は備後が発祥地と思いますが、なぜ京の八坂神社が本家と言われるのか分かりません。  
    (禰宜) ファイトさん、おはようございます。

八坂神社は本家とは言われていないと思います。よく言われるのは本社です。
これは八坂神社から各地に分社・分祀されたお社が多いためでしょう。
また京の都にあって大社であるためではないかと・・・
祗園の発祥となると少し難しくなります。
ファイトさんの仰る備後の三祗園といわれる三社の神は、歴史的にみて備後風土記に記載されている「武塔神」と「素佐之男命」が習合したものと考えられます。
一方、八坂神社は「牛頭天王」と「素佐之男命」が習合したものと考えられます。
神社のご鎮座は備後三社より八坂神社の方が後になります。
当社には祗園宮の歴史的史料がないため、詳細はわかりません。
八幡さんとかお稲荷さんとかのように本社から分祀・分霊されたのが明確であれば分かり易いんですが・・・
いずれにしても祗園さん、素佐之男命のご神徳が広大であったことが偲ばれるのではないでしょうか。
 
 
》記事一覧表示

新着順:94/124 《前のページ | 次のページ》
/124