teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:39/122 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

幼い時の自分を発見

 投稿者:Mr.shimanamiメール  投稿日:2011年 3月16日(水)19時48分11秒
  通報 返信・引用
   初メールですが、宜しくお願いします。
 3月13日、旅の途中で「沼名前神社」にお参りをさせていただきました。
私が、初めて行った神社なのに、「沼名前神社」の前に立った時、私の夢(記憶)と現実が重なったのです!何というか……海岸から真直ぐ伸びた土の参道…両側に松並木…広い階段…両側に灯籠…!両親に手を引かれてこれから階段を登ろうとしているのです。そこで夢が終わるのです。そして、何度も同じ夢をみる!!

 私は、松永の塩田(沼隈郡柳津村)で生まれ、2歳半まで育ちましたが、塩田の廃止に伴い、海賊の子孫ゆえ大島(吉海町)に帰りました。母から「鞆の恵比寿さん」の縁日にお参りして楽しかったお話をたくさん聞いていましたので、鞆には何度か訪れました。父と母の会話の中では、私がよちよち歩きの時と言っていたから…と思い、地元の方に聞き、海岸近くにある恵比寿さんを尋ねました。

 しかし、夢に出てくる場所と違うのです。いまから10年余り前、松永の同窓会に参加している姉の話を聞いていると「祇園さん」のお話が出ていた。何気なく聞いていたが、今回、鞆にきて何故か「祇園さん」を思い出したのです。港の常夜灯の近くで祇園さんを教えていただき、「沼名前神社」の境内に入りました。海岸からの景色は違っていたのですが、広い階段と、両側の灯籠は、夢に出てくる私の記憶と重なるのです。

 そこで、「沼名前神社」の縁日の日に行って見ようと思っています。「祇園さん」といえば夏が一番にぎやかだろうから、幼い頃の私と縁日を重ねてみようと思います。もし、昔の写真が残っているのであれば、ホームページにでも載せて頂ければ幸いです。

http://blog.goo.ne.jp/cho-bijin_811

 
    (禰宜) Mr.shimanami様
おはようございます。
ようこそお参り下さいました。素晴らしいお話ですね。
以前と森の様相や社殿こそ変わったとは思いますが、社殿へと続く参道・石段はそのままのはずです。
おいくつぐらいの方かは存じませんが、記憶の中に、心の中に当社がおありになったことは大変有り難く、大神様もさぞかしお歓びのことでしょう。
夏の祭りといえば、「お手火神事」が賑やかです。かつては瀬戸内一円・近畿からも大勢のご参拝があったようです。
「昔の写真」そうですね、追々掲載したいと思います。
どうぞまたご参拝下さい。
 
 
》記事一覧表示

新着順:39/122 《前のページ | 次のページ》
/122